クボタ綜合美健センター北千住店のお店ブログ

全国のビューティサロンを探しちゃおう!

 
  • エステティックサロン
  • クボタ綜合美健センター北千住店

  • クボタソウゴウビケンセンターキタセンジュテン
  • 住所:東京都足立区千住3-1 ベニヤ第1ビル4F
  • 交通:北千住駅西口より徒歩5分
  • 地図を見る
  • 03-3879-6734
  • ぱどを見たとお伝えください。

お店ブログ

ダイエットの大敵!!

2017.06.16更新

こんにちはニコニコ音譜


 


北千住店の宮城ですお願いキラキラ


最近気温が不安定で温度差が身に沁みますが皆様ご体調崩されてないですかゲッソリ!?


 


さて今回はダイエットの大敵滝汗梅雨場のむくみについてお話させて頂きますムキーハッ


 


 


梅雨 になると、足のむくみ や手や身体がむくむ、なんとなくだるいアセアセ


 


6月頃になるとそんな声をたびたび耳にしますえーんえーんタラー


 


体調にも影響を及ぼすむくみの症状は、梅雨は特に起こりやすく、ジメジメとした梅雨の気候が深く関係していると考えられます目


 


 


ではどうのように予防・対策すれば良いのでしょう!!!!


 


梅雨 に 足がむくみ やすくなるのは気候が原因

 


気圧が下がり、自立神経が乱れる真顔

 


 


梅雨の時期は、気圧が急激に変化するため「自律神経」が乱れやすくなります傘



自立神経」とは、緊張状態の時に働く「交換神経」と、リラックス状態


の時に働く「副交感神経」とで成り立っており、気候の変化やストレスなど外部からの刺激に対して、内蔵や血管の働き、ホルモン分泌を調整し、体内の状態を一定に保つ働きをしています。


 


しかし、梅雨の時期になり気圧が低くなると、「副交感神経」が優位になります。するとその影響から、「交感神経」を刺激するヒスタミンが体内で分泌されやすくなり、自立神経のバランスが崩れるといわれています。


 


 


その結果、体温調整がうまくいかず、湿度や温度の変化に身体がついていかなくなり、だるさを感じるのです。また、「交換神経」が刺激されるろ、血管が収縮され血液の流れが悪くなるので、むくみを引き起こしやすくなります。


 


湿度が高くなり、体内の水分代謝が滞る

 

 


梅雨の時期のもう一つの特徴として、湿度の上昇があります。空気中に湿気が多くなると、皮膚からでた汗が蒸発しにくくなり、汗をかきにくくなりますあせる


 


 


通常、私たちの体は汗をかくことで温度調整をしているため、体内に熱がこもってしまい、体調を崩すきっかけになりますショックショックドクロ


 


このようなことが続いて起こると、水分代謝が滞ってしまうので注意が必要ですドンッ


 


 


気圧や湿度といった気候の変化により、むくみやすくなる梅雨の時期ドクロアセアセ


 


快適に過ごすためにも日々のマッサージや半身浴がとても大切ですウインクハート


 


気分転換にお気に入りのボディソープやクリームを探してみるのも


おススメですくまクッキーうさぎクッキーくまアイスラブラブ

ページトップへ